2016年8月21日日曜日

日本原子力学会関西支部で開かれた常温核融合の講演会

既に半年前の話ですが、日本原子力学会関西支部で三菱重工の鶴我薫典氏と東北大学の岩村康弘特任教授を招いた講演会が2016年2月10日に開かれていました。
講演題目1:「新しい元素変換反応現象について」
講演者  :三菱重工業(株) 技術本部 総合研究所 鶴我 薫典 氏
講演題目2:「凝集系核反応研究の現状と今後について」
講演者  :東北大学 電子理光学研究センター  岩村 康弘 特任教授
日本原子力学会の主催で元素変換や凝縮系核反応(常温核融合)の講演会が開かれる時代になったのですね。



以上

三菱重工技報に載ったナノ多層膜重水素透過法による元素変換

三菱重工は、元素変換の研究を岩村康弘博士と共に全て東北大学に移管したのかと思っていたのですが、これは私の誤解でした。「常温核融合は本当だった! その15」に載った記事を見て気が付きました。

三菱重工技報 第52巻第4号に、「重水素透過によるナノ構造多層反応膜上での元素変換反応」という論文が掲載されました(英文はここ)。目次は以下に掲載されています。



この論文は、岩村博士が発見した元素変換のこれまでの成果を振り返るものになっています。


注目すべきは、論文の著者に、鶴我 薫典氏(技術統括本部総合研究所電気・応用物理研究部)等、三菱重工のメンバーが名を連ねているところかと思います。最後の「まとめ」には以下のように記されており、三菱重工としても研究・実用化を継続していくと読み取れます。今後の成果に期待しましょう!
以上述べたように,反応収量の増大など実用化に向けて進展はあるものの,反応の原理を含め本現象の本質はまだ明らかになっていない。しかし,放射性廃棄物処理への展開など,従来にない革新的な新技術になる可能性があり,引き続き現象の解明を行いつつ,実用化に向けた研究を推進していきたい。
なお,東北大学 岩村特任教授,伊藤客員准教授には,当社在籍中より本研究の推進に多大なるご貢献を頂いており,感謝致します。 

以上

2016年7月19日火曜日

MFMPとBob Higginsさんによる安価な中性子線測定器の試み

MFMPがBob Higginsさんと共同作業で、安価な中性子線測定器を作ろうとしているようです。
ロッシ風のGlowStickという常温核融合実験装置で、放射線を検出したという報告が出ましたが、その後、中性子線も出ているのではないか・・・という実験があって、とうとう安価な中性子線測定器を作ることになったようです。

中性子線の測定器は高価で、専門的な機関以外にはなかなか保持していません(尤も、これまでは需要も限られていた)。今回の試みで、安価な(数万円以下?)中性子線測定器のキットが提供されるようになると良いですね。



Webサイトでは以下に情報がまとまっています。



MFMPは現状では以下のようなアナログな中性子線測定器を使っているようです。



そして、放射線検出が報じられた時の記事は以下でした。



以上

ナノ銀による放射線低減実験で過剰熱は測定できるか?

以下の記事にて、第53回アイソトープ・放射線研究発表会で岩崎信博士の研究発表があった事をお伝えしました。

4-5nm粒径ナノ銀粒子による土壌中セシウム放射線低減現象
http://amateur-lenr.blogspot.jp/2016/07/4-5nm.html

この研究について、板橋区の松崎いたる区議からペテンに等しいという発言がありました。


現状、この現象について分かっているのは放射線低減を記録した実験結果だけであって、機序の探求はこれからの課題だと思っています。
したがって、「熱や放射線量の増加が観測されるはず」というのも、ある仮説に基づいた推測に過ぎない筈です。この推測を元にして、放射線の低減という実験結果をペテンだと否定する論理は全く理解できません。

とは言え、常温核融合実験で良く使われる「過剰熱検出」が、ナノ銀による放射線低減実験(以降、ナノ銀実験)では使われていない背景は明らかにしておいた方が良いと思って、この記事を書いています。

さて、結論から言うと、ナノ銀実験の試料の規模では、熱発生があったとしても、たいへん小さく、現状の室内環境では測定できるレベルに達しないと思われます。逆に言うと、放射線測定はたいへん感度が高い測定方法であり、試料準備や測定方法等に間違いがなければ、測定精度を高められる方法なのだと思います。

以降、その評価(計算)を説明します。

想定するナノ銀実験は例えば ここ に示すものです。単純に言うと、U9容器に数g~数10g程度の汚染物質(土壌や汚染水乾燥物)を入れ、そこにナノ銀を担持させたコラーゲン溶液や骨炭を入れて放射線量の変化を見ています。

岩崎信博士は、発表によると、ナノ銀実験の説明として、放射性セシウム元素が他の元素に変換される核変換を有力な仮説と考えておられます。しかし、松崎いたる区議は、放射性セシウムの壊変が加速されるという仮説を念頭に議論しているようなので、ここでは放射性セシウムが通常よりも早く壊変したと仮定してみます。

放射線の測定値から見て、試料にはだいたい数10ベクレル程度の放射性セシウムがあったと思われます。

多めにみて、また、単純化して、100ベクレルのセシウム137があったと想定します。

1ベクレルのセシウム137は約1.4×10^9個の原子からなります。
( ^ はべき乗を表します)
100ベクレルだと、その100倍の1.4×10^11個の原子があることになります。

セシウム137の1個が壊変して安定した元素になるまでに、大雑把に1MeV程度のエネルギーが放出されるようです。このエネルギーが全て熱に変換されたとして(※)、1MeVは熱量では1.6×10^-13ジュールに相当します。

(※) 但し、実際には、ガンマ線は透過力が強くて系外に飛び出て行ってしまいますし、ベータ崩壊の場合にはエネルギーへの変換はもっと難しいらしいので、エネルギーの全量が熱に変換されるという仮定には無理があります。ここでは、見積もりの最大値を得るための架空の想定として全量が熱に変換されたとします。


ここで、100ベクレルのセシウム137が全て壊変して安定元素に変わり、その全てのエネルギーが熱に変換されたとします。

この時に発生する熱量は、
1.4×10^11(個)
× 1.6×10^-13 (ジュール)
= 0.022 (ジュール)
 となります。

0.022ジュールは約0.005カロリー相当です。
つまり、1グラムの水の温度を0.005度ほど上げるくらいの熱量です。

これだと周囲の環境温度の変化より遥かに小さいですから、今の実験環境での測定は不可能です。この実験では、放射線に比べて熱量の方がずっと測定が難しいのです。

上記の計算に間違いがありましたら、是非、コメント欄などでご指摘をいただければ幸いです。

松崎いたる区議がどのような計算に基づいて、過剰熱が出る筈だと主張しておられるのかは不明です。松崎いたる区議は過剰熱の証拠が出ないならペテンに等しいとまで断言されているので、この実験における全ての機序を説明できるのかもしれません。是非、その説明をお願いしたいものです。

以上

2016年7月11日月曜日

ICCF20のアブストラクト提出締切は7月15日

関係者の方は既にご存知でしょうが、ICCF20のアブストラクト提出締切が、6月30日から7月15日に延長されました。多くの発表が集まると期待したいです。


また、ホームページに載っている、おそらく協賛社のロゴが増えていました。TEETやTECHNOVAは常温核融合研究の昔からの支援者ですが、日産自動車が入っていたのが驚きです。たいへん嬉しい動きですね。


以上

4-5nm粒径ナノ銀粒子による土壌中セシウム放射線低減現象

第53回アイソトープ・放射線研究発表会にて、ナノ銀による放射線低減現象の発表がありました。
カテゴリと題名は以下のようになっています(発表に適したカテゴリが存在しないようで、畑違いの「動植物」に分類されています)。
東電福島第一原発事故関連 動植物(1)
2a-Ⅱ-12
4-5nm粒径ナノ銀粒子による土壌中セシウム放射線低減現象
-諸間接証拠に基づくメカニズムの検証-
岩崎 信(元東北大・院工)、阿部宣男(元東京都板橋区ホタル生態館)、綾部斗清(日大・生物資源学)
この研究発表会は以下で広報されています。


発表のプログラムは以下に公開されていて、上記の発表はP8に載っています。

http://www.jrias.or.jp/seminar/seminar/pdf/file1_53program20160627.pdf

今回の発表では、たいへん重要な事実が幾つか報告されましたが、詳細については省かせていただきます。私が特に重要だと思ったのは以下です。
  • 初期に採取された汚染土壌にナノ銀を添加して一ヶ月経過した試料の放射線量はほぼバックグラウンドレベルとなった。
  • 詳しく解析すると、Cs134とCs137の放射線減少率には微妙な差がある。
また、LENR(常温核融合)を仮説として提示したのは、もしかするとこの研究発表会では初めてのことかもしれません。論文が出てくるのが楽しみになってきました。

以上

ICCF19のProceedingsが公開されました

国際常温核融合学会第19回大会(ICCF19)のプロシーディングスがLENR-CARN.orgに公開されました。

JOURNAL OF CONDENSED MATTER NUCLEAR SCIENCE
Experiments and Methods in Cold Fusion
Proceedings of the ICCF 19 Conference, April 13–17, 2015, Padua, Italy VOLUME 19, June 2016

以下がURLです。

http://www.lenr-canr.org/acrobat/BiberianJPjcondensedr.pdf

しかし、この全体文書は332ページ、24MBもあります。
一つ一つの論文にアクセスしたい方は、以下のページから検索できます。

http://lenr-canr.org/wordpress/?page_id=1495

最近の投稿を見ると以下のような画面になってます。


ちなみに、ちょっと裏ワザ的ですが、以下のページにアクセスして、全部の論文のサマリを出して、ブラウザの検索機能で検索する使い方をする人も多いとのこと。これはなかなか便利です。

http://lenr-canr.org/DetailOnly.htm


以上